9th Anniversary

シルキーシックスは、2017年1月8日で10周年を迎えました。

BMW E24専用店として営業を始め、10周年を迎えることができました。 みなさまの変わらぬご愛顧を心から感謝いたします。

藤村氏の目に映る白岡の魅力ゆっくり開発された街が持つ価値白岡ニュータウンについて

元F1レーサーでもあるフランス人自動車ジャーナリストのポール・フレール氏による「世界一美しいクーペ」と称された言葉が指すとおり、 現在でも色褪せることのない秀逸な美しさを湛えています。 また、当時の販売価格は上級クラスの7シリーズよりも高額で、デザイン面・機能面ともに世界最高峰クーペの1台でした。 搭載されている直6エンジンは、まるで絹のようになめらかに吹け上がることから「シルキーシックス」と呼ばれ、ファンを魅了しました。 適切なメンテナンスをすれば、いまなお当時のままのドライビングを味わうことができるのです。 ※「世界一美しいクーペ」の由来については諸説あります。

つながりを生む街区のつくりかた

1976年に初代E24が発売されてから40年が経とうとしています。 今なお魅力的な車であることに疑いの余地はありませんが、経年劣化や交通事情の変化など、当時とはさまざまな状況が異なってきています。 現代社会で旧車に楽しく乗り続けるには、それなりの技術と知識と工夫と、そしてこだわりが必要不可欠です。 そんなE24にもっと気軽に乗ってもらいたくて、お客様に変わって毎度コスト度外視でこだわり続けるオヤジ達。 それがシルキーシックスなのです。

まるで我が娘のように、本当に丁寧に仕上げます。すべては1台でも多くのE24を後世に遺すため。

シルキーシックスで丹念にメンテナンスされたあなたの愛車は、極上の乗り味に生まれ変わります。 だから納車の際には、時としてオヤジ達はその車に感情移入しすぎてしまうのです。まるで嫁ぐ娘を見送るかのように。ただ残すだけではなく今の時代に対応できる素敵なE24を作り続ける。 そしてその美しいクーペに乗る仲間と楽しい時間を過ごすこと。 それがオヤジ達の原動力です。

人が集まる楽しい庭外構デザインについて

E24は生誕40周年、シルキーシックスも10年目に突入した2017年、これからも様々な活動を行っていきます。最新情報はfacebookで常時更新中です。ぜひチェックしてみてください。